手洗いの方法は、誰もが知っていると思われがちですが、

意外と正しい手洗い方法を知らない人もいらっしゃると思います。

患者様の中にもメディアでよく報道されているにも関わらず、

知っているという思い込みで理解していらっしゃらない方がおりました。

そのため、患者様やそうでない方も含めて改めて注意喚起になればと思い作成しました。

コロナウィルスで騒がれている今こそ、知っていると思いこんでいた思い込みを捨てて

改めて見直してみませんか?

手の甲や手首は特に忘れがちですので注意が必要です。

時間は、約30秒

30秒の手洗いで、手についたウィルスや菌が減少すると言われています。

ちょうどハッピバースデーの歌を2回繰り返し歌った時間です。

今までの手洗い時間は適切だったか確認のため、一度歌ってみてはいかがでしょうか?

①流水でよく手を濡らしたあと石鹸をつけ、手のひらをよくこすります

②手の甲をのばすようにこすります

③指先・爪の間を念入りにこすります

④指の間を洗います

⑤親指と手のひらをねじり洗いまします

⑥手首も忘れずに洗います

注意点

  • 石鹸で洗い終わったら、十分に水で流します。
  • 清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。
  • 出来ればタオルは一人ひとり専用のタオルを用意しましょう。
おすすめの記事