結論から言って鍼灸出来ます。

すみれ針灸接骨院で使っている鍼は、

普段0.14mmの使い捨て(ディスポーザブル)の細い針を使っております。

そしてシャーレと言って、医療道具を乗せる専用の受け皿も使い捨て(ディスポーザブル)です。

昔の鍼灸の際には、病院でも使われていた高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)で、

完全滅菌して鍼を使いまわしていた時代が有ります。

昔、病院の注射もそういった使い回しから、知らぬ間に肝炎ウィルスに感染した人も沢山出てきた経緯があります。

鍼灸によって、感染した例はエイズも含め未だに1件も出てきておりませんが、

そういった昔の病院の経緯から、鍼灸の鍼も同様危ないと考えるお医者様が多いのが現状です。

現在では、病院と同様、鍼灸でも、使い捨て(ディスポーザブル)を使うよう厚生労働省からも

指導されておりますので、ご安心ください。

ちなみに肝炎を鍼灸で治せるのかというと治せませんので誤解されませんように。

 

未分類の関連記事
  • パーキンソン病の4徴候
    パーキンソン病~院長のきまぐれブログ8/6
  • ネパールボランティアリポート
  • 「怪我したら、冷やして安静にして休むは古い?」
  • 寝違えの対処法について
  • 無料体験施術の流れ
  • 脳梗塞後遺症とは?リハビリの効果について
おすすめの記事
未分類
脳卒中は大きく分けて3つあり、 「脳梗塞」・「脳出血」・「くも膜下出血」があります。 そして、脳卒中の後遺症には、いくつかありますが、 その...
未分類
①無料相談 まずは、無料相談窓口 またはお問合せフォームにてご連絡下さい。 担当者より折り返しご連絡いたします。 ②無料体験日の選定 スケジ...
未分類
Nさんの施術依頼 Nさんは5年前よりパーキンソン病を患っており、 身体が急に力が入らなくなってしまったり、身体の震えが止まらない。 自律神経...